本文へスキップ

放光山 長福寺は長岡京粟生の光明寺を総本山とする西山浄土宗のお寺です。

TEL. 075-691-9289

〒601-8016 京都府京都市南区東九条烏丸町34

住職のつぶやき

2017年5月7日 22時30分
人の御縁に感謝
初のテラの音コンサートを開催したところ、なんと70人を超える来山者が!!
当初40人を見込んで準備を進めていたのですが、GW最終日や皆さんの声の掛け合いによって椅子が足りない事態に。嬉しい悲鳴と言いたいところですが、こちらの準備不足に申し訳ない気持ちでいっぱいです。中には座ってもらう場所の関係上、演奏者が見えない方もおられたのではないかと反省しております。今後そのようなことがないように準備をいたしたく思いますので、またのご参加をお待ちしております。
また、演奏者の皆さんにもドタバタの中、素晴らしい演奏を有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。


2017年2月7日 13時00分
続けることに意義がある
約半年以上つぶやかずに年月だけが過ぎ去っていきました。
先日2月5日に六年目となる長福寺寄席が開催されました。始めた当初は来られる方が少なく、噺家の方々に申し訳なく思っていたのですが、今年は過去最高でほぼ満席となり座席を追加する一幕もありました。少しずつではありますが、私の中に安堵とやる気が出てきております。そんな中で「ご朱印をお願いします」とおっしゃられる方がおられました。御朱印ブームとはいえ当寺のようなところでは朱印などしたこともなく、「書くんですか?」と一言返してしまいました。それに相手の方が驚かれたらしく、面目ないことをしたと反省しております。結局は人生初の御朱印を見よう見まねで書かせていただきましたが、これを機にしっかりと書けるようにしておきたいと思います。御縁をいただきありがとうございました。
このように長く続けているといろいろな御縁をいただきます。このつぶやきも何かの御縁があるかもと、心機一転継続する気になっております。三日坊主の私が言うのもなんですが・・・

2016年6月29日 13時00分
年齢を感じる
先月から腰痛が発症。すぐに治ると思っていたのですが、治る気配がなく整体に初めて行くことになりました。
そこでは筋肉が固くなっているとのご指導を受け、ストレッチなどで毎日ほぐすことを勧められました。しかしながら従来から続けるのが苦手な私は言われたことをせずに一週間後整体に行きますと、身体を触られた瞬間に「やってませんね」の一言。いやはやプロというのは恐ろしい、ですが逆に信頼も感じました。
昔から身体が柔らかくないとケガをすると申します。十分にストレッチや柔軟運動をすることを頭に叩き込んでいる最中です。皆様も、要らぬケガに悩まされないようにしましょうね。
今までは若さというものでカバーしていた部分を、そろそろ知恵や知識というものでカバーするようにせねばと感じる今日この頃です。

2016年2月7日 21時00分
よかった〜
五回目となる長福寺寄席が開催されました。
前回同様、檀家さんや常連さん(?)、初めての方と一緒に言葉の芸術に触れた気がいたしました。
特に今回は、講談の次から次へと続く切れ間のないお話が圧巻でした。
圧巻のお話の後に、落語を楽しむという贅沢なひと時。
我々僧侶も、見習いたい話芸の連続です。
また、来年も楽しみたいと思います。是非御来山ください。

2015年11月21日 21時00分
満中陰
晴天の中、師匠 霊空舜祐上人の満中陰が法類類頭導師の元、各山御寺院さま、檀家総代さま、親族縁者の皆様と共に営まれました。師匠はこの長福寺を発展させ、まさに中興上人の如く勤めてこられました。そんな師匠の言葉に「僧侶の法務が仕事と思ったことはない。どちらかと言えば趣味に近いな」というのがあります。趣味や遊びをしんどいと思うことはなく、毎日が楽しいとの持論を話しておられました。周りの人から「趣味は?」と聞かれるといつもおっしゃっておられた気がします。そんな師匠だからこそ、数々の偉業を成し遂げてきたのかと思います。
この日、お導師様が「地蔵和讃」を始まる前に詠まれました。「これだけは聞いてもらえなかったから」と。後ろで聞いていますと自然と涙が浮かんできました。
人の供養とは千差万別です。生きている我々がこうしてあげたいと感じ行う行為のなんと美しいことか。本当の意味での供養を目の当たりにした気がしました。師匠の残した生き方を少しでも受け継いでいくのも、私が出来る供養かと、心に刻ませていただきました。

2015年11月18日 20時00分
十夜会
雨の降る中、たくさんの御来山ありがたかったです。
数日後に師匠の満中陰を控えての十夜でしたので、檀信徒の皆様と一緒に師匠のご回向もさせていただきました。いつも、法要の後は師匠がお説教をしておりましたが、私の代からはいろいろな人に来てもらっており、師匠はどう感じているのでしょうか。「自分でやらんか」とお叱りを受けるかもしれませんね。ただ、私のやることに否定するわけでなく見守っていてくれていた方が近くにいないのには少し不安も感じます。
そんな中、「雅楽来迎会」の雅楽演奏を企画し、檀信徒の皆さんに聞いていただきました。長福寺本堂に響き渡る音色は荘厳であり、優しくもある素晴らしい演奏で、心が洗われる気がいたしました。数日後に満中陰にて極楽に往く師匠を二十五菩薩が迎えに来たかの気分になりました。
演奏が終わった後の檀信徒の皆様の笑顔が、この演奏会の成功を物語っていました。いろいろなことを思い起こす時間も過ごせたことに感謝の念でいっぱいです。今回、お十夜にて自分自身が感謝の念を起し過ごせたことに幸せを感じました。
「雅楽来迎会」の皆様に深く感謝いたします。

2015年10月24日 17時00分
感謝
遅くなりましたが、師匠の通夜・葬儀にはたくさんのご会葬ありがとうございました。おかげさまでなんとか務めさせていただけました。
早いもので師匠が亡くなって三七日となりました。何か変わったかと聞かれると、少し答えに困ってしまうのが本当のところでございます。
こういう時に困らないように、早めに住職をさせてもらいました。経験を積み、各寺院方との繋がりも出来て何事もスムーズに進んでいったことこそ、師匠の偉大さなのかもしれません。すべて、先を見据えての行動に今更ながらに頭が下がります。
師の言葉に「世間の皆様、皆が師匠」とあります。皆様の言葉を師の言葉とし、これからも精進致したく存じます。

2015年09月26日 21時00分
彼岸会
雨の心配も数日前にしておりましたが、おかげさまで天気も良くたくさんの檀信徒の皆様が参加してくださいました。いつも通りの法要が出来ましたのも、参加していただく方々のおかげでございます。これからもよろしくお願いいたします。
また、和歌山より高木歓唯師をお招きし、お説教をしていただきました。思い通りにならないこの世の中で、いかに幸せに暮らしていくかを解りやすく丁寧にお話しいただき、皆様には笑顔でお帰りいただけました。

2015年08月17日 21時48分
お盆
暑い日が続いた8月の上旬に体調を崩された方が多いように思いました。こんなことを言っている私も暑さに弱いので、しんどかったです。しかし、今年のお盆で何よりつらかったのは声をからしてしまったことです。檀信徒の皆様には、情けない声でのお勤めにも関わらずあたたかいお言葉をかけていただき感謝しております。
自分の思い通りにならないことが多々ございますが、そんな苦しい時こそ視野を広く持つとそこには優しい人の情があることに気付かせていただけるお盆でもございました。

2015年04月30日 21時48分
婦人会総会 開催
暖かい日差しの中、ゆったりとお勤めが始まりました。
今年の三月にお亡くなりになった会員のお1人を偲んでご回向、さらにその後の会食でも思い出の中にあるお姿を思い出しつつ会員の皆さんとご供養が出来たかと思います。
皆様のお話しを極楽から笑顔で見守ってくださっていると感じつつ楽しい一時を過ごさせていただきました。

2015年02月01日 21時12分
長福寺寄席は大盛況!!!
旭堂南舟さん(講談)、桂弥太郎さん(落語)を迎えて四回目の長福寺寄席が開催されました。私と同世代のお二人の巧みな話術に聞き入っておりました。堂内もたくさんの皆様が席を埋め尽くし、笑いが響き渡る一幕も。
これからも、こういった機会をつくり長福寺が人の集まる場として定着するように働きかけていければと精進させていただきます。

2015年01月24日 09時28分
婦人会新年会開催
23日の午前11時半より婦人会の皆様と一緒に楽しい一時を過ごさせていただきました。
今回は新しく二人の方もご参加いただき、お互いの親交を深めあえたかと思います。
いつもは身体の心配事などの定番話が主となるのですが、今回は料理や孫・ひ孫の話が主となり何かしら明るい雰囲気のような気がいたしました。
ご参加いただいた会員の皆様、ありがとうございました。

本日は「念仏行脚」。天気も良さそうですので、しっかり歩いてきたいと思います。


2015年01月18日 13時37分
阪神淡路大震災から20年
昨日、阪神淡路大震災から20年ということでテレビ各局がいろいろな角度から振り返っておられました。
私自身は当時のことを思い出しますと、学生で大きな地震があったということ、朝はテレビを見る習慣がなかったので学校から帰ってきて初めて事の重大さに気付いた記憶がございます。
今、私たちがやるべきこと、やらなくてはいけないことを考える機会をいただいているのだと思います。
一人一人の思いが良き縁を結び、大きな困難にも立ち向かえる関係をお互いに築いていきたいものです。
まずは、自分の周りから。


2015年01月03日 17時11分
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦のお昼から雪が積もってきました。
そんな中でも、ご先祖様にご挨拶をするためにお墓参りされる方々に頭が下がる思いです。2日・3日も雪に振り回されておりますが、雪につつまれる周りの景色を美しいと思える心の余裕を持って過ごしたいものです。
残念ながら私(住職)は、皆様を迎える為の雪かきで頭がいっぱいになりましたが(苦笑)。

2014年12月18日 19時39分
長福寺初雪
この冬初。
庭がうっすらと雪化粧。
寒さが厳しい日となりましたが、外の景色は美しいと思いカメラでパシャリ。


2014年12月15日 09時24分
托鉢行に参加しました。
総本山光明寺の内局部長・職員・随身生と中部青年僧の会による歳末助け合い托鉢行が12/11〜12/13の三日間実施され、私(住職)も参加させていただきました。
日に日に寒くなる中、皆様の温かいお言葉とお気持ちに触れることができ有り難く思います。
皆様にいただいた浄財は、募金として寄付をさせていただきます。

s.kyoto-np.jp/sightseeing/article/20141213000043 (京都新聞記事)


2014年12月10日 15時47分
ホームページのリニューアルほぼ完了!!!
数日前からホームページのリニューアルを開始して早3日。
なんとか形になったかと思い公開してみました。
写真の素材が少なく、ほとんど「字」、「字」、「字」となっておりますが少しずつ更新していきますのでお許しを。
12月に入り、冷え込みがはげしくなってまいりました。お風邪を召されている方も多く家族も体調を崩しがちでございます。どうかお身体をお大事に師走の忙しさをお楽しみください。


バナースペース

関連寺院・団体リンク

放光山 長福寺

〒601-8016
京都府京都市南区東九条烏丸町34

TEL 075-691-9289
FAX 075-691-9289

inserted by FC2 system